« ホームヘルパー2級課程養成研修 実習2日目 | メイン | 横浜市の図書館が好きです! »

ホームヘルパー2級課程養成研修 実習3日目

「介護老人保健施設」での実習3日目です。

今日の実習は1日目と同じフロアでの入居者介助です。

この日は、利用者の人たちも私のことを覚えていてくれて、廊下や居室でお会いした時に
笑顔で挨拶をしてくれたり、お話してくれたりして、とても仕事がやりやすかったです。

ただ、今日の担当職員の方から指示がなかなか出してもらえず、しばらく廊下で
皆さんの様子を見たりしながら指示を待っていたのですが、利用者さんから見ると
おそらくサボっているように見えたようで、対応がちょっと大変でした。
「早く指示出してよぉ!!」

そして指示が出たのですが、私は居室のカーテン交換。
背の低い職員さんにとって、カーテンレールからカーテンのフックを大量にはずすと言うのは
かなりの重労働のようで、どうやら担当が回ってきたようです。
確かにカーテンレールからカーテンのフックをはずすと言うのは大変です。
そして、カーテンを洗ったあと、脱水しきれずにカーテンに残っている水の重さに耐えながら
カーテンレールにカーテンフックを差し込んでいくという仕事は、それ以上の大変さでした。
コツは教えてもらったのですが、もしかしたらもうちょっと楽な方法があるのかもしれないなぁ。

その後は、みんなでリハビリ体操です。職員の人と私との合計2人で利用者さん20名くらいと
一緒に手を動かしたり、足を動かしたりのリハビリ体操を行いました。自分もキレ良くわかりやすく
手足を動かしていたら、終わることにはとても疲れました。普段使わない筋肉は厳しー!!

2回目の食事の介助をしました。今日は前回と違う利用者さんでとっても難しかったです。
たぶん、食事介助がうまくできるようになったら一人前だと思います。

午後は、残ったカーテンを取り付けて食堂に行きました。
うーん、いつもの風景...

と、そこに若いバイトの職員さんが来てかるたを渡してくれました。
「ふーむ、かるたかぁ」
たのしそー!!
ということで、急遽かるた大会を行うことに!
と言っても食堂にはあまり利用者さんが集まっていなかったので、
全部の居室を回って、利用者さんたちに声をかけ食堂に集まってもらいました。
その結果、たくさんの利用者さんが誘いかけに応えてくれて、
あまり元気の無い利用者さんも、熱のこもった迫熱したかるた大会に乗せられ
どんどん手を出してかるたの取り合いとなりました。

でも4回くらいかるたをやると、さすがに飽きてしまうようで、今度はそのかるたを使って
神経衰弱をやることにしました。
神経衰弱はかなり記憶力と言う頭を使うゲームだったため、なかなかペアができずに
皆さん苦戦していました。

そんな中、主任から「入浴介助をします」と言う呼びかけがあり、ゲームを中断して
浴室へ!

浴室は浴室と言うだけあって暑い!!
脱衣場での服の着脱を担当したのですが、ちょっと動いただけで汗だく。
黙っていてもどんどん水分が減っていくような感じさえしました。
私が担当した時間は、女性の入浴タイムだったので、ちょっと焦りましたが、
その後、なんら変わらず対応していた自分がたくましく思えました。

私は、人と話すことによるコミュニケーションがとても好きなので、脱衣場でも
ずっと利用者さんの声に傾聴し、いろいろなお話を聞き、自分の意見をお話しました。
「共感的理解と基本的態度の形成」最近自分の好きな言葉の一つです。
相手を観察し、労わる気持ち。相手の立場に立ったものの考え方。
今まで欠けていたジグソーのピースがしっかり収まった感じです。

そして、今日は17時までだったので、最後に食事の準備をしたのですが、
食事の到着が少し遅れていて、10分くらい時間があったので、この場を何かで
保たないといけないと思い、自ら進んで歌を歌うことにしました。

今日は7月7日の七夕ということで、1曲目はみんなで「七夕」を歌いました。
2曲目は「故郷」、3曲目は「夏の思い出」を歌いました。
歌い終わって次の曲を探しているときに、ちょうど食事が運び込まれ、
私の任務は終了です。

職員のみなさんに挨拶をし、その場を去りました。

そして、別のフロア居られる主任に会いに行き、実習日誌を受け取りました。

その際主任から、
「いまはどんなしごとをしているのですか?」
「ここで一緒に働きませんか?」
と言われました。

私自身はとても心が動かされましたが、今やるべきことは自分の会社を
安定させることだと思っていますので、その場では曖昧な回答をしてしまいました。
気持ち的には、ボランティア程度で週1回程度なら時間を作ってお手伝いしたいと思いました。

私は、このようなすばらしい施設の方々とお会いできたことをとても感謝しております。
みなさま、不慣れな実習生の私に根気良くいろいろ指導してくださりありがとうございました。
ここでの3日間は、ずっと忘れないことと思います。
いつかまた皆さんと一緒に仕事できる日を楽しみにしております。
そして、利用者の皆さん。私は一度お会いした人の顔をかなり長い間覚えています。
これからも元気に楽しくお過ごしくださいませ。
ありがとうございました。


3日目の実習内容を時系列的に書くと、
AM8:00
・食事片付け
・ベッドメイキング
・入居者対応
・カーテン交換
・リハビリ体操補助
・利用者移動
・食事準備
・食事介助
・食事片付け
PM12:30

休憩

PM13:30
・カーテン交換
・入居者対応
・入浴介助
・食事準備
PM17:00


実習感想
今日は3日目ということもあり利用者の名前も半数くらい覚えられ、
皆様と何気ない会話が楽しめるようになりました。
午前中のリハビリ体操では、利用者の人が自分の動きをしっかり
見て同じ体操をしてもらえたのがとても嬉しかったです。
午後のかるた遊びに関しても、私が自ら利用者の居室へ足を運び
食堂へお誘いしたのですが、かなりの人が集まり、とても熱気あふれる
かるた大会となりました。
入浴介助では主に服の着脱をやっていたのですが、服というのは
体が少しでも濡れていると着せるのがとても大変になるということを覚えました。
不慣れで着せるまでとても時間がかかりましたが、、利用者さんと
ずっとお話していたせいか、嫌な顔もされずなごやかなムードでした。
コミュニケーションの大切さを再認識しました。
最後はみんなで「七夕」の歌などを歌いました。
明日から利用者の人たちに会えないと思うと帰り道で、
目頭が熱くなりました。

コメントを投稿

About

2007年7月 7日 20:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ホームヘルパー2級課程養成研修 実習2日目」です。

次の投稿は「横浜市の図書館が好きです!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 4.1