« ホームヘルパー2級養成講座 共感的理解と基本的態度の形成 | メイン | ひまわりドコモダケゲット! »

若い女性と水夫

以下の物語を読んでください。


「若い女性と水夫」

 嵐に遭遇して一隻の船が沈没しました.その船に乗っていた人たちの中で運よく5人が何とか二隻の救命ボートに乗ることができました.一隻のボートには,水夫と若い女性,それに老人の3人が,もう一隻のボートには,若い女性のフィアンセとその親友の2人が乗りあわせました.悪天候の下,波にゆられる間に,二隻のボートは別れ別れになってしまいました.

 彼女の乗っていた一隻はある島にながれつきました.フィアンセと離れ離れになった彼女は,フィアンセが生存している手がかりを何とかしてつかもうと一日中もう一隻のボートを探しましたが,何の手がかりも得ることができませんでした.翌日天候が回復しましたが,若い女性はなおも諦めきれず,フィアンセを探し求めましたが,やはり見つけることはできませんでした.

 彼女は,その日,海のかなた遠くに一つの島かげを発見しました.彼女は矢もたてもたまらず,フィアンセを探したい一心で,水夫に,「ボートを修理して,あの島につれて行ってくれませんか」と頼みました.水夫は彼女の願いに応じてもよい,と云いましたが,一つ条件をもちだしました.それは,彼女と一夜を共にする,ということでした.

 がっかりし,困り果てた彼女は,老人に,「私は困ってしまいました.どうすればよいか,何か良い方法を教えてください」と相談をもちかけました.老人は,「あなたにとって何が正しいのか,あるいは,何が間違っているのか,私は言うことができません.あなたの心に聞いて,それに従いなさい」というのみでした.彼女は悩み苦しんだ揚句,結局,水夫の云う通りにしました.

 翌朝,水夫はボートを修理して,彼女をその島につれて行ってやりました.フィアンセの姿を遠くから見つけた彼女は,浜辺に着くや遅しと,ボートから飛び出し,駆け上がり,そこにいるフィアンセの腕に深く抱かれました.フィアンセの暖かい腕の中で,彼女は昨夜のことを話そうかどうか迷いましたが,結局,思いきって打ち明けました.それを聞いたフィアンセは怒り狂い,彼女に,「もう二度と顔を見たくない!」と叫びながら走り去りました.泣きながら彼女はひとり浜辺に降りて行きました.

 彼女を見たフィアンセの親友は,彼女のところに行き,肩に手をかけて,「君たち2人がケンカしたことは僕にもよくわかる.フィアンセに話をしてあげよう.それまでのしばらくの間,私があなたを世話してあげよう」と話しました.

<問1>
この物語を読んで、一番好感を持った人を1位として、登場人物に順位をつけてください。

1位_________________________ 理由________________________________________

2位_________________________ 理由________________________________________

3位_________________________ 理由________________________________________

4位_________________________ 理由________________________________________

5位_________________________ 理由________________________________________


さてどんな順番になったかな?

私が選んだ順位は、続きに書いてあります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

1位 老人
  老人は、自分には何もできないことを知っているので、彼女に助言することしかできなかったが、自分の役割をしっかり果たしている。

2位 水夫
  一夜を共にすることを条件にボートを直すというちょっと卑怯なやり方をしているが、翌日しっかりボートを直しフィアンセに会わせているので、悪い人ではない。本当の悪い人ならボートは直さないだろう。

3位 親友
  この話だけでは良い人か悪い人かが良くわからないので、この順位です。

4位 フィアンセ
  もうちょっと男なら度量があっても良いのではないでしょうか?

5位 若い女性
  手段を選ばず行動する姿勢が好感を持てません。もう少しいろいろ考えられなかったのでしょうか?

というわけで以上が私の考えた順位です。

みなさんがこの順位を決定するに当たって、最終的にどうやって決まっていくのかというと、
登場人物が、自分と共感できるかできないかで順位分けされたと思います。

自分だったらこうするだろうと思えば順位が上がり、
自分だったらこうしないと思えば順位が下がるという感じです。

まとめ
これは今まで生きてきた中で、自分自身に備わった物の考え方や判断基準、その人が大切にしている
ことの違いによる「価値観の違い」というものです。
自分自身は正しいと思ったことでも、他人は正しいと思わないこともかなり多いということを
感じ取りましょう。とかく「自分の価値観が正しいと思っていることは、他人も同じだろう」と、
錯覚することが多いです。しかし価値観の同じ人などほとんどいませんので
何かを主張をするときなどは注意して話しましょう。

皆さんはどんな結果になりましたでしょうか?

良かったら、コメントに順位を書き入れていただければうれしいです。

コメントを投稿

About

2007年6月 9日 17:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ホームヘルパー2級養成講座 共感的理解と基本的態度の形成」です。

次の投稿は「ひまわりドコモダケゲット!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 4.1