« マルエツ長津田店 10時の開店間際です | メイン | 船長の決断 »

ホームヘルパー2級養成講座 基本介護技術(緊急時の対応、援助者の健康管理)

NEC_0664.jpg

今日もマルエツ長津田店の3回でホームヘルパー2級研修です。

本日の講師は、ナースのSさんです。
よろしくお願いします。

午前中の講義では、緊急時にどうすればよいかということと、
骨折の対応、やけどの対応、てんかん発作の対応、心臓発作の対応などを
実体験を下にお話いただきました。

午後は、三角巾の使用方法をやってから、ボディメカニクスについての実技。

その後は、自律神経訓練法についてでした。

「自律神経訓練法」について
1.蓄積された疲労の回復
2.イライラせず穏やかな気持ちでいられる
3.自己統制力が増し、衝動的行動が少なくなる
4.集中力アップ
5.身体的痛みや精神的苦痛の軽減
6.内省力がつき、自己向上性が増す
ということで、株式会社創元社 佐々木雄二先生の
「自律訓練法の実際」というCDを聞きました。

興味のある方は、こちらからどうぞ


自律訓練法の実際
を見てみる。


免疫力というのは、笑顔から生まれたりするそうです。
だから、いつも笑っていたりすることは、とても良いことだそうですよ。

そして一番最後は、船長の決断という緊急時の対応方法の手順についての講義でした。
この講義に関しては後ほど、別の項目でポストします。


今日の講義は、通学生の方たちは、一番最後の講義だったようで、
先生から、講義を受けた感想をみんなの前で6人ほど発表しました。

なぜか自分も選ばれていたので、短いながらにちょっとだけ感想を述べました。
感想もしっかりしたことがお話で着たらよいのですが、突然のことだったので、
うまくまとまりきれず、納得のいかない答弁となりました...

次回からはもうちょっとがんばります。


それにしても、現在講義を受けている「ホームヘルパー2級養成講座」ですが、
普段の生活ではなかなか教わる機会のない、高齢者や障害者についての理解が深まり、
私の人生の中のこの時期に教わることができてとても良かったと思います。

また、ホームヘルパー2級養成講座(福祉)に対して、若い人からかなり年配の人まで、
たくさんの人が真剣に講義を受けている姿を見て、このがんばっている人たちを裏切ることのない
事業所、さらには国の対応を期待しております。


一つ残念なこととしては、この講義を受けるのがあと1年早ければ、
もっといろいろな人に対して、共感的に理解し受容することができたのではないかと、
とても後悔をしています。

しかし、過ぎたことはもう手遅れですので、考えても無駄です。
これからの未来に向けてこの講義で習得した知識と技術を活用し、
近い将来訪れる未来を切り抜けて生きたいと思います。

ここまでブログを読んでいただきありがとうございました。

コメント (2)

ムーミンママ:

持病のぜん息に効果があるといわれて、自立訓練法を中3の時受けました。その時はよくわかりませんでした(笑)
大人になってからは1回だけ講義を聴きまし。(聞いただけ・・)
ぜん息は自立神経のバランスが悪いと言われてます。


クロさん頑張ってくださいね。

自律訓練法については、指導を受けましたが一人で行うとちょっと危険な感じがしたので、
講義のときだけでそれ以降は行っていません。

確かに体内のバランスが崩れると病気になったり体調不良になったりするようですね。

自分はいつもバランスが崩れているのですが、それほど体調に現れないのはある意味頑丈なのかなぁ!?

コメントを投稿

About

2007年6月14日 21:34に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「マルエツ長津田店 10時の開店間際です」です。

次の投稿は「船長の決断」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 4.1