« ホクトのブナシメジ | メイン | 面接の心得【キャリア採用編】 »

職務経歴書の書き方のコツ

職務経歴書とは、履歴書では書ききれない自分のアピールポイントを文書で表現する書面です。
A4用紙2枚程度にまとめ、面接時に読みやすいように工夫してください。

自分の職務経歴書には以下の5点を書きました。

1.希望職種
 自分の場合は、「仲介営業職」と記載しました。

2.志望動機
 これに関しては、マニュアル本などを利用せず、自分がその職種に対する思ったとおりのことを
記載すればよいと思います。面接官はマニュアル本も把握していると思われます。

3.職務経歴
 「会社概要」、「主な仕事」、「退職理由」を記載します。
主な仕事に関しては、細かく1つ1つの自分のポジションやその業務で獲たこと、
成果を記載すると良いと思われます。また、退職理由に関しては、前向きな理由での
記載が望ましいです。

4.資格取得・自己啓発の記録
 今まで取得した資格や努力を記載します。資格がある方はたくさん記載できると思いますが、
あまりにもランクの低い資格を記載するのはやめましょう(英検3級など)。直接仕事に関係ない
資格でも、面接時の話題になるかもしれませんので記載することをお勧めします。
資格のあまりない方は、現在目指している資格などを記載すると良いと思います。

5.仕事への姿勢
 今まで仕事に対して考えてきたことや、思っている信念などを記載すると良いと思いいます。
また、仕事に対して前向きな文書が記載できると好感度は高いです。

などが自分が今回作成した職務経歴書のポイントです。

これから再就職されるみなさんも、ぜひ参考にしていただき、就職活動がんばってください。

コメントを投稿

About

2007年1月17日 19:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ホクトのブナシメジ」です。

次の投稿は「面接の心得【キャリア採用編】」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 4.1