« 宅地建物取引主任者登録に関しての変更をしなくては... | メイン | 宅地建物取引主任者試験に合格するコツとは... »

今日も一日大忙しでした。

今日は、宅地建物取引主任者として神奈川県に登録してあるのですが、
本籍、住所変更を怠っていたので、関内の住吉町にある
「社団法人 神奈川県宅地建物取引業協会」で登録変更申請をしてきました。

詳細はというと、
午前中は、アパートに帰り、宅地建物取引主任者資格登録通知書を探してから、
今度は、瀬谷区役所まで、「戸籍抄本」と「住民票(抄)」の写しを交付してもらい、
関内の「社団法人 神奈川県宅地建物取引業協会」へ行ってきました。

自分はまだ、宅地建物取引主任者証の交付を受けていなくてさらに、
業務にも就いていなかったので、主任者証の交付はしてもらえないと思っていたのですが、
今日、話を聞いてみたら、法定講習を受ければ交付可能だという事が分かり、
法定講習の申し込みをしようと思ったのですが、証明写真が4枚必要と言う事で、
スピード写真もありましたが、髪がぐしゃぐしゃだったので、講習料と交付料(合計15,500円)を、
近くの郵便局で支払った後、またアパートに引き返し近くの写真屋さんで、
先日撮影してもらった証明写真を4枚焼き増しをしてもらいました。

今日は時間がなくなってしまったので、明日もう一度関内まで行き、法定講習の申し込みを
してきます。

なお、法定講習は混んでいる為か、今申し込んでも実際に講習があるのは
来年の2月22日です。

内容としては、テキストどおりの話+最近の事例などを聞くだけで、テストなどはなく、
微妙な感じです。

このために、主任者証の発行が遅れてしまうのは悲しい...

でも主任者証がないと、以下の独占業務が出来ないから意味が無い!!
1.重要事項の説明
2.重要事項説明書への記名・捺印
3.37条書面への記名・捺印

6年前に必死になって資格試験に合格したんだから仕事に生かしたいです。

参考に宅地建物取引行法はこちらです。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27HO176.html

コメントを投稿

About

2006年12月 6日 20:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「宅地建物取引主任者登録に関しての変更をしなくては...」です。

次の投稿は「宅地建物取引主任者試験に合格するコツとは...」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 4.1