メイン

13.音楽 アーカイブ

2007年11月 8日

11月11日みゅーじんに「佐藤竹善」が出演

次回のみゅーじんは誰が出るのかと思っていたら、
なんと、シングライクトーキングのボーカル
佐藤竹善さんが出演するらしい!!

シングライクトーキングは高校時代によく聴いていたグループで
なんともいえない渋さがとてもお気に入りです。

竹善さんの声はとても綺麗で聴いていると心が綺麗になりそう!!

是非お時間がありましたら、ご覧下さい!

<番組紹介>
みゅーじん/音遊人

テレビ東京系列6局ネット:毎週日曜日 夜10時54分~11時24分
BSジャパン:毎週水曜日 深夜0時~0時30分

2007年11月11日放送予定 第56回:佐藤竹善

2007年11月24日

YAMAHA PSR-500

写真のキーボードは、自分が練習用に使っているキーボードです。

実際、ピアノを習っているときは本物のピアノなので、タッチがかなり違うため、
ここでたくさん練習しているのに、本番ではうまくいかないことも多々あります。

1991年に購入したキーボードが長年の沈黙を破り、大活躍です。

鍵盤の数は62鍵あるので、普通に使う分には問題なさそうだ!

ピアノの先生に感謝!感謝!

2007年12月 8日

ピアノを習い始めました。

小学校時代からずっと気になっていたことがあったのですが、
なかなか出来ずにすでに30歳...

それは、「ピアノを弾けるようになること!」

小さい頃から音楽にはとても興味があり、
何も弾けないのに、ヤマハのデジタルピアノキーボードPSR-500を
買ってみたりしました。

結局のところ独学だったため良くわからず挫折して終了。

しかし音楽は自分で鳴らしてみたいという思いが強かったためか
パソコンでコンピュータミュージック、当時はMML(Music Macro Language)という
言語で、楽譜をパソコンに打ち込んでは音を鳴らしていたことを思い出します。

あの頃は、ゲームが好きだったため、パソコン雑誌に載っていた
ゲーム音楽の楽譜を大事にファイリングし、パソコンに打ち込んでいました。
曲的には、ドラゴンクエスト初期の作品や、ファイナルファンタジー初期の作品の
音楽が多かったです。一番好きだったのはファイナルファンタジーの
「マトーヤの洞窟」かなぁ。

その後は、一般的なピアノ譜をトラックごとに打ち込んで鳴らしていました。

最終的にはバンドスコアを打ち込むようになっていましたが、あれは
パートが多くトラック数がかなり多くなるのでとても大変だったです。

そして現在は、知り合いのピアノ教室の先生に個人レッスンをしてもらっています。

デジタルピアノは持っていますが、誰かに習っていたわけでもないので
基礎の基礎からしっかり教えていただいています。

コードとか楽譜の読み方はある程度わかっているのですが、
調とかになると、さっぱりわからない!!!

スタートする位置によって調が変わるのは頭で理解できるのですが、
実際に弾いてみると...よくわからない

ただ、なんとなく違うというのがわかるくらいで、
いまは、練習している曲をマスターすることが精一杯ですね。

でもでも、はじめはとても難しかった課題曲が弾けるようになったときの
喜びはとても大きく嬉しくなります。

いつかはピアノ弾き語りで、歌を歌ってみたいです。

2008年1月13日

横浜中央図書館に楽譜コーナーがオープン!

中区にある横浜中央図書館の5階に楽譜コーナーがオープンしました!
楽譜に関しては、ピアノから電子オルガン、ギター、フルートなど
いろいろな楽器の楽譜があり、楽器を演奏するものにとって、かなり役立ちます。

まだ、行ったことない人はぜひ行ってみてね!

2008年2月22日

ヤマハミュージック横浜店のぷっぷる

子どもの人気者「ぷっぷる」ちゃん。

たぶんりんご味です。

えーっとお友達はですねぇ...

パイナップル味の「なっぷる」
みかん味の「かんきち」
モモ味の「ももぴー」
バナナ味の「ばなぼう」
イチゴ味の「ちこちゃん」
クリ味の「くりのすけ」
ドリアン味の「ドリアント」

みんな仲良しです。

そんなにジロジロ見ないでください。

2009年3月22日

横浜ブラスオルケスター 第10回定期演奏会

今日は知り合いと一緒に、川崎駅直結のホール「ミューザ川崎シンフォニーホール」へ行き、横浜ブラスオルケスターの第10回定期演奏会を聴きに行きました。

横浜ブラスオルケスター第10回定期演奏会チケット


当日のプログラム

◆指揮 高山幸久
◇指揮 近藤久敦

【第1部】
◆双頭の鷲の旗の下に・・・ヨーゼフ・フランツ・ワーグナー
◆詩のない歌・・・ロルフ・ルディン
◇パガニーニの主題による狂詩曲・・・セルゲイ・ラフマニノフ(編曲 森田一浩)

【第2部】
◇ラプソディ・イン・ブルー・・・ジョージ・ガーシュイン[ピアノ独奏 白石光隆]
◇ウィルソン組曲・・・ロバート W.スミス[ユーフォニアム独奏 外囿洋一郎]
1.トルネード
2.穏やかな雨
3.ハリケーン

【第3部】
◆バレエ音楽「白鳥の湖」より・・・ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
・第2幕より「情景」 - 白鳥のテーマ
・第1幕より「ワルツ」
・四羽の白鳥たちの踊り
・第3幕より「情景」
・スペインの踊り
・ナポリの踊り
・第4幕より「情景」
・終曲

久しぶりのしっかりした会場でのコンサートだったので、何だかとっても感動して良かったです。

いつも思うけど、人生において楽器が弾けるという事は、より人生を楽しむ事が出来るのではないかと思います。

自分もしっかりピアノのレッスンに行かないとなぁ...

と、思っているのですが...

4月から、またがんばります。


ミューザ川崎シンフォニーホール

休憩中の風景&会場の風景

About 13.音楽

ブログ「くろの横浜写真生活ブログ」のカテゴリ「13.音楽」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは12.自動車です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 4.1